MENU

バニラエッセンスの代用品/ない時に代わりになるものは?

お菓子にバニラの風味を香りづけしてくれるバニラエッセンス。あまり頻繁にお菓子作りをしないというご家庭には常備していないことも多いのではないでしょうか。バニラエッセンスを持っていない場合、どのようなものが代用として使えるのか調査してみました。

目次

バニラエッセンスとは

バニラの甘いの香りの主成分はラン科バニラ属の植物から取れる「バニリン」というもので、このバニりんをアルコールで抽出したものをバニラエッセンスといいます。
お菓子に振りかけると甘い香りをつけることができ、香り豊かなスイーツを作ることができます。

また、バニラエッセンスは卵や牛乳の気になるニオイを抑えてくれるという役割も持っています。
甘いバニラの香りがするバニラエッセンスですが、バニラエッセンス自体は甘味はなく、お菓子作りに使用してもしなくても味には影響はありません。しかし、バニラアイスやバニラクリームなど、バニラ味がベースのお菓子を作る際には使用した方が良いでしょう。

バニラエッセンスの代わりになるもの

バニラエッセンスの代わりになるものとして、香り付けできるものや卵や牛乳の臭みを消すことができるものであれば代用は可能です。

バニラビーンズでバニラエッセンスを代用

バニラビーンズとはラン科バニラ属であるバニラの果実の部分です。プリンに含まれる黒いつぶつぶの正体は、実はバニラビーンズの中に入っている種なのです。

バニラビーンズの使用方法
  • バニラビーンズにナイフや包丁で縦に切れ目を入れ、中の種を取り出します。
  • とった種は生地に練り込みます。
  • さやは牛乳などに入れて温めると、バニラの香りづけとして使えます。

バニラオイルでバニラエッセンスを代用

バニラオイルとはバニラの香り成分をオイルで抽出したものです。
オイルなのでバターやマーガリンなどの油分となじみやすく、簡単に生地にバニラの香りをつけることができます。
バニラオイルの香りをより出すためには、加熱することです。そのため、クッキーやケーキなど調理過程で加熱するお菓子に向いているかもしれません。

バニラシュガーでバニラエッセンスを代用

バニラシュガーとはその名の通り、砂糖にバニラの香りをつけたものです。
砂糖の代わりにバニラシュガーを使うことで手軽にバニラの香り付けをすることができます。
プリンやアイスなどをつくる際にも活用できますが、トーストに振りかけるだけでもバニラの甘い香りと風味を楽しむことができます。

メープルシロップでバニラエッセンスを代用

メープルシロップもバニラに負けず甘い香りがするので、香り付けをするという意味ではバニラエッセンスの代用として使えそうです。
バニラエッセンスは甘味がありませんが、メープルシロップにはしっかりとした甘味がついているので、使用する際は砂糖の量を調整してください。
またバニラエッセンスと違い、とろみのある液体のため味を見ながら入れることをおすすめします。

ラム酒でバニラエッセンスを代用

ラム酒とは、サトウキビを主原料として作られる蒸留酒です。
香りと甘さが特徴的なお酒ですがほろ苦さもあり、レーズンバターサンドや洋酒入りチョコレートなどのお菓子によく使われています。
バニラエッセンスの代わりにラム酒を使うことで、あっという間に大人向けのお菓子に変身できますね。
ラム酒には様々な種類があります。内面を焦がした樽で熟成させた「ダークラム」という種類はドライフルーツと相性がよく、ドライフルーツを使った焼き菓子にぴったりです。「ホワイトラム」という種類もありますが、こちらはお菓子自体にラム酒の色をつけたくない場合に使用するのが良いです。ムースやババロアなどを作る際におすすめします。

ブランデーでバニラエッセンスを代用

ブランデーはブドウや洋梨などのフルーツを使用した果実酒を蒸留し、熟成させたお酒です。主成分がフルーツのため、「焼いたワイン」と呼ばれるほど香り高く甘い口当たりが特徴的です。
ブランデーもラム酒と同じく香り高いお酒であるため、お菓子に甘い香りをつけたい場合にはぴったりのアイテムです。
バニラエッセンスの代わりに使うと、甘いフルーツの香りがしていいかもしれません。
アルコールは加熱調理をする過程でほとんど飛ぶので、ケーキやプリンなど加熱過程があるお菓子に使用するのがいいですね。念のため、お子様は食べないようにした方が安心です。

アールグレイでバニラエッセンスを代用

クッキーやケーキなど、紅茶のテイストを使用したお菓子が増えていますよね。お菓子作りで使われる紅茶はアールグレイが多いです。
バニラエッセンスの代わりにアールグレイの茶葉を使用することで、バニラの甘い香りとはまた違うリラックスできる優しい香りをつけることができます。
牛乳などで煮出しても良いですし、茶葉を刻んで生地に練り込んでも食感が楽しめていいかもしれません。

チョコチップでバニラエッセンスを代用

チョコチップはクッキーやマフィンなどに入っていると嬉しくなりますよね。
バニラエッセンスの代わりに入れることで、甘い香りだけではなく味に変化も出してくれます。
チョコチップにもさまざまなテイストのものが売られているので、甘さを控えめにしたい時はビタータイプを選ぶのが良いでしょう。

ココナッツオイルでバニラエッセンスを代用

ココナッツオイルとは、ヤシの実から抽出される油のことです。
ココナッツオイルはバニラエッセンスと同様香り高く甘い風味があるため、バニラエッセンスの代わりとして使えます。
マフィンやクッキー、スコーンなどの生地に練り込んでみたり、食パンに乗せたりと様々なスイーツに使える万能アイテムです。
ココナッツオイルは油分ですので、バニラエッセンスの代わりに使う場合はバターの分量をココナッツオイルに置き換えると、油分の取りすぎにならずいいかもしれません。

レモン汁でバニラエッセンスを代用

甘い香りのバニラエッセンスの代わりに、レモン汁を使用して爽やかなスイーツを作るのはいかがでしょうか。
チーズケーキなどチーズが含まれたお菓子に使用することが多いレモン汁。趣向を凝らしてお菓子作り定番のガトーショコラやマフィンなどに入れると、甘い中に酸味が混ざってさっぱりとした味わりになりますよ。

カルーアでバニラエッセンスを代用

カルーアとはコーヒ豆を主原料とするリキュールです。ミルクを混ぜる「カルーアミルク」は人気のカクテルですよね。
コーヒーの香りと独特の甘さがカルーアミルクの特徴ですので、十分にバニラエッセンスの代わりとして使用できるでしょう。
いつものレシピにカルーアを加えるだけで大人なスイーツに変身できます。
アルコールは加熱することでほとんど飛びますが、念のためお子様が食べないように気をつけてください。

バニラアイスはバニラエッセンスの代用品に不向き

バニラ味のスイーツといえばバニラアイスですね。
バニラアイスはバニラエッセンスよりもご家庭に置いている方が多いのではないでしょうか。
しかし、バニラエッセンスの代わりにバニラアイスを使用するのは少し難しいです。
なぜなら、バニラアイスの1人前あたりに含まれるバニラエッセンスは多くても5滴くらいです。そのためお菓子にバニラエッセンスと同じようにバニラアイスを使用して香り付けをしようとしたら、バニラアイス1人前を丸々使わなければなりません。またそれに伴って、バニラアイスに含まれている脂肪分や砂糖などで元のレシピの分量が狂ってしまいます。
バニラアイスを多量使わなければならない点と、レシピの分量の調整が難しい点から、バニラアイスをバニラエッセンスの代わりとして使うのは不向きでしょう。

バニラエッセンスがない時に代わりになるものまとめ

  • バニラエッセンスの代用品として、メープルシロップやブランデー、カルーアなどが使える。
  • 代用品によっては他の調味料を調整する必要がある。
  • バニラエッセンスの代わりとしてバニラアイスを使用するのは難しい。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる